ボンディングによる冗長化をしてみる( ゚д゚) 更新

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ネットワークインターフェースを冗長化(二重化)したいと思います。
linux kernel 2.4以降で使えるみたい(最近のOSなら使えるはず)。
bond0 というインターフェースを使います。

redhat系での設定を書いておきます。

/etc/modules.conf
alias bond0 bonding
options bond0 miimon=100 mode=0 arp_interval=1000 arp_ip_target=192.168.2.1

オプションの意味
mode 動作モードを指定。
active-backup または 1
balance-rr(default) または 0 こっちに変更。

arp_interval ARPの送信間隔をミリ単位で指定。1000=1秒。
arp_ip_target ARP監視の相手先を設定。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
DEVIDE=bond0
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
IPADDR=192.168.2.10
NETMASK=255.255.255.0

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
MASTER=bond0
SLAVE=yes

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
MASTER=bond0
SLAVE=yes

設定が終わったら
/etc/init.d/network stop
/etc/init.d/network start
で再起動

ifconfig -all
route

うまく設定できていれば、ケーブルを片方を抜いても通信できるはずです。