家庭用のNASを考える( ・ω・)∩

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近はなんでもHDDに入れていたりしますが、パソコンを何台も起動したりしないといけなかったり、欲しいデータがどこにあるのかわからなくなったりします。そこで、低価格のNASを導入すれば楽なわけで、とりあえずまとめ。自作の物も含む。┐(´д`)┌
調べてみると、バッファローのHD-HTGL/R5シリーズが一番良さそうかな( ・ω・)∩

はじめはRAIDの説明

250GB x 4個準備した場合のRAIDによる容量。
RAID0 ストライピングで一番容量が取れる。250GBx4 1TB 対障害性無し
RAID1 ミラーリング 250GBx2 500GB 2つのHDDに同時に書き込むため片方が故障した場合にもデータは無事。
RAID5 パリティチェック付ストライピング 250GBx3 750GB 他のHDDで1つのHDDのデータを分散して保管するため、1つのHDDが故障してもデータは無事。

バッファロー HD-HTGL/R5シリーズ
RAID0,1,5 サイズは0.6~1.6TB、価格は85K~150K。

IO-DATA Giga LANDISK
サイズは0.5~1.0TB 58K~95K。RAID無し。┐(´д`)┌ と思ったら....

IO-DATA Giga LANDISK HDL-GX750
6月下旬発売で外付けのeSATA HDDを増設すればRAID 0が可能になるとのこと。
高くつきそうだな。

挑戦者 LAN TANK
自作のNAS 100Mbpsタイプ。HDDは自分で選択。RAID0,1が選択できる価格は19K
挑戦者 GLAN TANK
自作のNAS 1Gbpsタイプ。HDDは自分で選択。RAID0,1が選択できる 価格は24K

番外
玄人志向 KURO-BOX/HG(ギガビット版)
RAIDなし。これが出たから上記の挑戦者が出たわけなんだが。

※挑戦者はIO-DATA、玄人志向はバッファロー。

このへんになるんだろうか。後者の自作のものは、別途CDドライブ付のPCの準備が必要。