Google Apps for Your Domainを利用してみる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

SPAMメールがやたらと多いのと、サーバの入れ替えを考えていて、gmailを自分のドメインで使えるサービスがあるので利用してみることにしました。
http://www.google.com/a/
こちらから登録などを行います。自分のところでDNSを立てている場合を書きたいと思います。

bind 9.xxで構築する場合の話を書きます。8.xxでも問題ないかと思われます。

mxレコードの書き換え。
今使っているmxレコードをgoogleのサービスのものに切り替えます。
正引きのzoneデータに以下を追加

zephel.com. IN MX 1 ASPMX.L.GOOGLE.COM.
zephel.com. IN MX 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
zephel.com. IN MX 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
zephel.com. IN MX 10 ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM.
zephel.com. IN MX 10 ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM.
zephel.com. IN MX 10 ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM.
zephel.com. IN MX 10 ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM.
zephel.com. IN MX 20 mail.zephel.com.

zephel.com. IN TXT "v=spf1 include:aspmx.googlemail.com ~all"

昔のMXレコードを残しておきたい場合は、
IN MX 20 mail.zephel.com.
などと追加しておくとよいかもしれません。

serial を更新して、namedを再起動します。

# nslookup
> set type=mx
> zephel.com
Server: *.*.*.*
Address: *.*.*.*#53

zephel.com mail exchanger = 10 ASPMX2.GOOGLEMAIL.com.
zephel.com mail exchanger = 10 ASPMX3.GOOGLEMAIL.com.
zephel.com mail exchanger = 10 ASPMX4.GOOGLEMAIL.com.
zephel.com mail exchanger = 10 ASPMX5.GOOGLEMAIL.com.
zephel.com mail exchanger = 20 mail.zephel.com.
zephel.com mail exchanger = 1 ASPMX.L.GOOGLE.com.
zephel.com mail exchanger = 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.com.
zephel.com mail exchanger = 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.com.

などと出ていれば、正しく設定ができていると思います。

value-domainなどは、googleのfaqなどに設定例が記載されていましたので
参考にするとよいと思います。