ヘッドハンティングとか

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんなσ(゜∀゜ですが、ヘッドハンティングは数回されたことがあるんですが、
コーディネーターとの話と実際の就業先で話を聞くと仕事の内容が、結構違うことあったり、
お金の話でずれがでるんですよね。

コーディネーターの力にもよるんでしょうけどね。
実際に技術的な面でコーディネーターや、営業さんが就業先と話して、
仕事内容を組み取れてれば問題ないのですが、話をしている担当者が言葉だけしか
知らない場合、話がずれてしまうようです。

「面接の時の話」
相手の態度や、聞く準備、相性なども問題になります。
相性が良い場合は話もスムーズに進み、答えも問題なく言うことができます。
そういうときは合格するのです。

アピールしてる内容が話している相手にマッチしてるかわからないわけで、
時の運って気がします。面接の本とか読んでると、相手の癖とかを見て
合わせて話すこととか書かれていますが、実際そんな余裕なかったりします。

よくあるのが、問題回避能力があるかのテストとかされると心の準備がないと、
答えられない場合があったりします。まあ、あとで考えればたいした問題じゃないと
わかるんですが、数分しかない状態だと答えられないことがあります。

あとは面接、対人との話の回数を重ねて慣れるしかないんですよね。

フレンドリーに話してくれるときは怪しく思った方が良いかと思います。
なんか裏があるんだなとかよく思ってしまいます。(実際そのような場合が多い)
で人間不信になります┐(´∀`)┌

質問されて答えないといけないのですが、答えられないことがあります。
PC触ってるときならすぐ答えられるのですが、何にもない状態だと、呼び出すキーが
ない場合答えられません。
まあ好きなのはいくらでも答えられるんですけどね。

「個人情報」
☆問題なのが、登録もしていないヘッドハンティングの会社などから連絡が
あるのですが、どこからPHSの電話番号が漏れるのかわけわかりません。
個人情報の保護とかいわれながらどこかから漏れてるんでしょうね。
メールアドレス、家の電話とかなら、調べようと思えば調べることはできると
思うのですが、どうなんでしょうね。

よくあるケースはσ(゜∀゜の知り合いが連絡先を教えたとかいうことがありました。
そのときはメールアドレスだったんでまあいいんですけど、
携帯電話とかの電話番号を教える人がいたら嫌ですね。

アンケートとか何かの登録の際は、携帯電話、PHSの電話番号は本当に
必要があるときしか記載、教えないを徹底した方がいいですね。