2008年11月アーカイブ

MT4.22-ja やっとMySQL UTF8化

やっとMySQLのデータをujisからutf8に変更しました。
前にやって妥協して、MySQL鯖上ではutf-8で動いてて、データ自体はujis で使い、
MT本体は、utf8で構築されているので、たまにMySQLに接続すると文字化けが出ていた。
今回は、phpMyAdmin を入れてデータ自体の文字化けを直すことから始めました。
その前に、phpMyAdminが動くまでいろいろとありましたが(´д`)

PT1のアクセスは落ち着いたのかな。

先週ぐらいから急にアクセスが増えていて対応していたんですが、
まあネタが尽きたのもあったりして、チューナー2枚にしたときに設定を載せるぐらいかも
しれないです。

アプリが良いのがでたらまたインストールの仕方のコツ等を記載します。

Spinelの対応の早さは、メーカーに比べるとかなり早いですね。
そのぶんまだバグも出ていますが、それもそのうち解決するでしょう。

EpgTimer_Bon + Bondriver_PT-ST + EpgDataCap_Bon + BonTest あたりで使用していますが
問題ないですね。EPGデータ取得でこけるところがあるので、その際に、ごみがはいって
穴が開いてる場所とかでてるのかもしれないですね。

一番設定が少ないのは、この辺かな。

11ch録画できたって書いてあったけど、そこまで録画してもエンコードしてる時間とか
実際に見るかどうかわからない番組を撮っておくのもむずかしいですね。
SSDの普及で、かなりの台数は取り付けることはできるようになったと思います。
容量が少ないので、一時録画エリアか、エンコードエリアに使うかどっちかだな。

EPGデータビューアで歯抜けの対処

EPGデータビューア(EpgDataViewer)を使っていて、歯抜け番組表になってしまった場合の対処。

\EpgTimerBon\EpgData もしくは、EPG情報を入れているフォルダから*.dat をバックアップ
もしくは削除して、EpgDataCap_Bon でEPGデータ取得をすれば、歯抜けをなくすのと、
いらない先週、先々週の番組情報
も消せるため読み込みが早くなる。

根本的な解決にいたっていないが、今はこれが一番確実に歯抜け(番組表抜け)を
直す方法です。

PT1で録画したのは良いが、TMPGEncで読み込み拒否されてしまった場合の対処。

原因は、SD→HDなどの切り替えが発生している映像などの場合起こるようです。
知り合いも同じ状況があったらしいのですが、MurdocCutter などでGOP単位で先頭部分
を削除するなどすると読み込めたとのこと。
(民放はあまりないですが、地方局、BS1,2 などでまだSDなどでの配信がある。)

PVなどで録画する際に同じようなことが原因で信号ミスなどエラーが出る場合がありました。

参照サイト
http://www.myjavaserver.com/~itsadirect/M_cut.html

PT1で予約録画とEPGで予約する設定を書きました。

Spinel ver1.0.8.2 + BonDriver_Spinel ver1.0.3.0
 →Spinel ver1.0.9.1 + BonDriver_Spinel ver1.0.4.0(2008/11/3) にアップデート
EpgDataCap_Bon
 →EpgDataCap_Bon(人柱版8.56)(2008/11/2) にアップデート
+EpgTimer_Bon
+EpgDataViewer (EPGデータビューア Ver 1.29)
+BonTest (Ver.1.40)
+B25Decoder.dll
+Caption.dll
+BonDriver_PT1 Ver.1.23

動作させるまで、設定が結構めんどくさかった。

絶対に動くというわけでなく、環境によって設定も変わりますので、
環境に合わせて設定してください。参考程度まで。各アプリのReadme.txtを
目に通せばわかるかと思います。

友達に設定を渡したところ、連携も動いているという話だったので、
同じような環境であれば動くと思います。

Core2Quad Q6600
メモリ 3GB
HDD 1TB x3
WindowsXP SP3

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 (x86)
Microsoft .NET Framework 2.0 SP1 日本語 Language Pack
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ
アースソフトPT1 ソフトウェアのダウンロード (最新版)
PT1-Windows-Driver-100.exe
PT1-Windows-SDK-100.exe

それでも動かない場合は
.NET Framework 3.0 SP1や.NET Framework 3.5 SP1を入れると良いそうです。
(Spinel のReadme.txtを参照。)

2008/11/10時点での PT1 アプリ、ドライバ

EpgTimer_Bon を予約に使うのが基本。

◎EPGデータビューア(EPGテレビ番組表) → EpgTimer_Bon(予約管理)
が便利。EPGで追跡することができるため、野球、特番で時間変更された場合も
ただしく録画できる。

予約録画する場合に以下のような構成があります。
→その1 EpgTimer_Bon + EpgDataCap_Bon + BonDriver_PT1-ST(ドライバ)
→その2 EpgTimer_Bon + Spinel 2.0 + EpgDataCap_Bon + BonDriver_PT1-ST(ドライバ)
→その3 EpgTimer_Bon + Spinel 2.0 + EpgDataCap_Bon + BonDriver_Spinel ver2.0.1.0(ドライバ)

僕はその1を今は使っています。以前は、その3の構成で使っていました。

開発の頻度から言うと、その2、その3が週1回か2回程度更新されているため、
今後の安定性、バグフィックス、拡張などを考えると、Spinel 系でまとめるのも
良いかもしれない。

ただ、新しいバージョンは地雷を抱えてる場合があるため様子見が必要。
実際、先週あたりに出てたドライバ、アプリの使用でEpgDataCap_Bon で Dropが
大量発生していたようです。
複数のアプリケーションを利用する場合障害が起きる場所が増える可能性が増えるので、
できれば使うアプリを減らしたほうが良いのは確かです。

また、安定して動いているならその状態で現状維持することも必要だと思います。
アップデート前は必ずバックアップしておく必要があります。

下記のページでアプリ、ドライバをダウンロード。
DTV関係ツールダウンロード http://2sen.dip.jp/dtv/

PT1で予約録画、EPGを利用する方法 その2

EpgDataCap_Bon.exe + BonDriver_PT1-ST +EpgTimer_Bon + EpgDataViewer + BonTest
という構成。

常駐するソフトは、EpgTimer_Bon のみ。

EpgTimer_Bon → EpgDataCap_Bon(録画) → BonDriver_PT1-ST(ドライバの呼び出し) の順で立ち上がる。

必要なソフトのダウンロード。
DTV関係ツールダウンロード
http://2sen.dip.jp/dtv/

PT1関係ファイル置き場
BonDriver_PT1-ST(人柱版)を使います。

その他
トップページからBonTest Ver.1.40

Friio関係ファイル置き場
EpgDataCap_Bon(人柱版8.56)

でだいたいそろうはずです。

PT1で4ch同時録画できました。

Spinel ver1.0.8.2 + BonDriver_Spinel ver1.0.3.0 (常駐親鯖)
+EpgDataCap_Bon (Spinel に接続して録画するときに使う(クライアント)
+EpgTimer_Bon (常駐予約)
+EpgDataViewer (EPGデータビューア EPGテレビ番組表→EpgTimer_Bonに連携)
+BonTest (EpgDataCap_bon から呼び出して、テレビを見るときに使う。BonDriver_UDP.dll経由)

DTV関係ツール
http://2sen.dip.jp/dtv/

PT1関係ファイル置き場
・Spinel ver1.0.8.2 + BonDriver_Spinel ver1.0.3.0
・BonDriver_PT1 Ver.1.2

Friio関係ファイル置き場
EpgDataCap_Bon(人柱版8.55)に必要なのはだいたい入っています。

うちで試したところ、BS第1は見れるけど、BS第2が見れない。
(1チャンネルでサービスが複数ある場合)
BonTest でチャンネル、サービスでNHK BS2 を選べば見ることができました。

各アプリごとに設定がいるのでそれが面倒かもしれません。

Trek2.1 のカスタム

FSA K-Force Light Road Compact を取り付けたので、写真を撮ってみました。

ベース Trek 2.1 2008モデル (サイズ60)

クランクセット FSA K-Force Light Road Compact 52/38 Ceramic 2009モデル
スプロケット シマノ CS-6600 12-25
ハンドル DEDA スーパーナチュラル 31
ステム FSA 100mm
ブレーキレバー シマノ ST-6600G
サドル san marco SKN PRO
ブレーキ シマノ BR-6600-G
フロントディレイラー シマノ FD-7800-F
リアディレイラー シマノ RD-7800-SS改
・BBB RollerBoys (セラミックベアリング) BDP-12
・カーボンファイバー製アウター・インナーケージ

サイクルコンピューター CATEYE CC-TR300TW (ワイヤレス)心拍・ケイデンス・スピードを計測。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10