PT1 で予約録画、EPGを利用するアプリの設定について その2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

PT1で予約録画、EPGを利用する方法 その2

EpgDataCap_Bon.exe + BonDriver_PT1-ST +EpgTimer_Bon + EpgDataViewer + BonTest
という構成。

常駐するソフトは、EpgTimer_Bon のみ。

EpgTimer_Bon → EpgDataCap_Bon(録画) → BonDriver_PT1-ST(ドライバの呼び出し) の順で立ち上がる。

必要なソフトのダウンロード。
DTV関係ツールダウンロード
http://2sen.dip.jp/dtv/

PT1関係ファイル置き場
BonDriver_PT1-ST(人柱版)を使います。

その他
トップページからBonTest Ver.1.40

Friio関係ファイル置き場
EpgDataCap_Bon(人柱版8.56)

でだいたいそろうはずです。


フォルダ構成

EpgTimer_Bon ,EpgDataCap_Bon, EpgDataViewer, BonTest をおく。
TSEpgView_Bon(録画予約する番組名から検索してEpgTimer_Bon に登録できる)
EpgTimer_Bon でも同じような機能はあるのでいらないかも。
Network_Remocon は必須はでない。
※EpgDataCap_Bon の設定の View のオプションを「/d BonDrivier_UDP.dll」で動かない場合、
BonDriver_UDP.dll →BonDriver.dll にリネームすると動きます。


BonDriver_PT1-ST(人柱版)の置き場。PT1を動かすドライバ。


EpgTime_Bon と EpgDataCap_Bon が読み込む、地デジ、BS/CS のチャンネル情報。
このフォルダ配下のEpgData はEPG番組表を置く場所です。ほかのアプリからもここの
フォルダを設定すること。

関連ページ
Hideki's Blog2nd トップページ
PT1 で予約録画、EPGを利用するアプリの設定について
2008/11/10時点での PT1 アプリ、ドライバ
PT1で録画した映像が編集でTMPGEncで読み込めない場合
EPGデータビューアで歯抜けの対処