ext3 をwriteback にした。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ファイルシステムのチューニングをしてなかったので変更した。
writeback にするとクラッシュ時に古いデータに変わる可能性があるらしい。
故障率と速度の具合を考えたが、少し古いデータになるぐらいはかまわないかなとか
思ったり(´д`)

drk7.jp Linux チューニング - Ext3 のパフォーマンスを最大化させる
mixi Engineers'Blog Tokyo Tyrantによる耐高負荷DBの構築

下記を設定。
/etc/fstab
LABEL=/ / ext3 defaults,noatime,data=writeback 1 1
LABEL=/home /home ext3 defaults,noatime,data=writeback 1 2

/boot/grub/menu.lst
title Vine Linux (big memory kernel)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz mem=8192M ro root=LABEL=/ resume2=swap:/dev/sda8
vga=0x314 rootflags=data=witeback
initrd /initrd.img

ファイルシステムをwritebackに変更(変更するパーティションは全部)
tune2fs -o journal_data_writeback /dev/sda1

でreboot

mount で
/dev/sda1 on / type ext3 (rw,noatime,data=writeback)
/dev/sda3 on /home type ext3 (rw,noatime,data=writeback)
とかでます。怪しいエラーが無ければ終了。