Ubuntu sparc版のkernel update

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Ubuntu 7→8.04 バージョンアップしてるのですが、Kernel のアップデートがうまくいかない場合が
あって起動しないとかいうトラブルが出ていました。
中身とかも変わってるみたいで上手くいかないようです。

linux-image-2.6.xx-xx-sparc64
linux-backports-modules-2.6.xx-xx-sparc64
linux-ubuntu-modules-2.6.xx-xx-sparc64
をインストール。

インストール後に/boot/silo.conf を確認すると
silo.conf で initrd.img, vmlinuz をinitrd.img.old, vmlinuz.old をに変更されています。
このとき、old は問題なく動いているkernel をold で呼び出せるようにしておくこと。

シンボリックリンクの作成
/boot/initrd-img-2.6.xx-x1-sparc64
/boot/initrd-img-2.6.xx-x2-sparc64
/boot/vmlinuz-2.6.xx-x1-sparc64
/boot/vmlinuz-2.6.xx-x2-sparc64
ln -s initrd-img-2.6.xx-x1-sparc64 initrd.img.old
ln -s initrd-img-2.6.xx-x2-sparc64 initrd.img
ln -s vmlinuz-2.6.xx-x1-sparc64 vmlinuz.old
ln -s vmlinuz-2.6.xx-x2-sparc64 vmlinuz

/boot/silo.conf

default=Linux
read-only
timeout=100

image=/vmlinuz
label=Linux
initrd=/initrd.img
root=/dev/hda2
partition=1
append="quiet splash"

image=/vmlinuz.old
label=LinuxOLD
initrd=/initrd.img.old
root=/dev/hda2
partition=1
append="quiet splash"

silo を実行しなくても問題ないらしい。

動かない場合はinitrd.img を再作成。
Ubuntu はDebian 系なので
mkinitramfs -o /boot/initrd.img-2.6.xx-xx-sparc64 2.6.xx-xx-sparc64

うしろの「2.6.xx-xx-sparc64」は/lib/modules/2.6.xx-xx から作るらしい。
動くカーネルと動かないカーネルがあるのがよくわからない。
コンパイルした環境でnetra x1 で動くか試して公開してるわけではないから
しょうがないか(´д`)