2009年8月アーカイブ

RedHat でNIC の固定化

| コメント(1)

前にudev で固定がうまくできなかったのですが、できたのでメモを載せておきます

/etc/udev/rules.d/50-hwinterfaces.rules
KERNEL=="eth*", SYSFS{address}=="00:AA:BB:CC:DD:01", NAME="eth0"
KERNEL=="eth*", SYSFS{address}=="00:AA:BB:CC:DD:02", NAME="eth1"
KERNEL=="eth*", SYSFS{address}=="00:AA:BB:CC:DD:03", NAME="eth2"
KERNEL=="eth*", SYSFS{address}=="00:AA:BB:CC:DD:04", NAME="eth3"

下記を追加するとうまくいく場合もあり。
KERNEL=="eth*", ID="0000:AA:BB.0", NAME="eth0"
KERNEL=="eth*", ID="0000:AA:BB.1", NAME="eth1"
KERNEL=="eth*", ID="0000:CC:DD.0", NAME="eth2"
KERNEL=="eth*", ID="0000:CC:DD.1", NAME="eth3"

※IDはlspci で出たデバイスの先頭に0000:を追加します。

/etc/modprobe.conf
alias eth0 hoge
alias eth1 hoge
alias eth2 hoge2
alias eth3 hoge2

該当のifcfg-ethxにMACアドレスを書く。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethx
HWADDR=00:AA:BB:CC:DD:01

で再起動を行う。dmesg |grep eth0 などとして調べて該当のカードで間違いがないか
確認して終了。

ethtool -i eth0
で調べる方が良いみたい。現在利用しているドライバ、バージョンなどが表示される。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

最近のブログ記事