apacheの最近のブログ記事

apache 2.2.19 が出てた

出てたのでアップデートした。

mod_fcgidのインストール

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//httpd/mod_fcgid/mod_fcgid-2.3.6.tar.gz

tar xvzf mod_fcgid-2.3.6.tar.gz
cd mod_fcgid-2.3.6

Makefile 作成
APXS=/usr/local/apache2/bin/apxs configure.apxs

make
make install

でapache を再起動。

apahce 2.2.14 が出たので入れてみた。

ひさしぶりにインストールして、apache, php, のバージョンアップをした。
まあセキュリティがーとかで一応バージョンアップ。

OS入れ替えたいなー。

mod_dosdetector でDoS対策

あまり DoS はないのですが一応インストールしてみました。
Apache2.2用らしいです。はてなで実装してるとか。

新しいサイトを立ち上げるために準備していました。今までincludeでバーチャルホストしてたわけ
なのですが、問題も特におきていなかった。別のドメインを追加したところ、バーチャルホストが
動かない。うるおぼえでapache2.2でhttpd.confにincludeできなくなってたようだった。

とりあえず、新しい鯖に切り替えもメールサーバの一部のみ対策を考えるぐらいか。

apache の SendBufferSize を調整する

apache でレスポンスを良くするために、いろいろと調べています。

SendBufferSize という項目があり、この設定をすることにより、応答性が良くなる場合があるそうです。
実際レスポンスは良くなった気がします。(気がしますではダメなんですけどね。)

Webサーバの高速化としては、1.TCPコネクション集約、2.コンテンツ圧縮(gzip,deflate)、3.キャッシングがあり、apache で設定出来るものは、2と3です。また、設定の調整と無駄なモジュールを読み込まないことによって数%は高速化できます。
Webサーバの高速化アプライアンス機器は1~3を全部できるようにしているようです。

mod_deflate の設定変更( ・ω・)∩

http://www.websiteoptimization.com/services/analyze/で自分のWebページのパフォーマンスを見ていて、*.jsファイルを使ってるものがあり、その*.jsファイルは設定が無かったため圧縮されて送られていなかったことに気づく。
で修正しました。
圧縮かけられるものはかけた方が、パケットが節約になる。

Apache 2.2.3が出てた┐(´д`)┌

Apache 2.2.2を再コンパイルしてたときに、http://slashdot.jpを見ていたら Apache 2.2.3 が出ていることに気づく。やれやれと思いながらまた再コンパイル。
明示的に、disable しないと追加されてしまうものもあるようで困ったものです。

ダウンロードはこちらから
http://httpd.apache.org/download.cgi

他のHDDにapacheをインストールすることにした。

apache2.2.2の再インストール( ・ω・)∩

apache2.2 の高速化をしようとチューニングをしていて、再コンパイルした。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10