installの最近のブログ記事

MT4.22-ja やっとMySQL UTF8化

やっとMySQLのデータをujisからutf8に変更しました。
前にやって妥協して、MySQL鯖上ではutf-8で動いてて、データ自体はujis で使い、
MT本体は、utf8で構築されているので、たまにMySQLに接続すると文字化けが出ていた。
今回は、phpMyAdmin を入れてデータ自体の文字化けを直すことから始めました。
その前に、phpMyAdminが動くまでいろいろとありましたが(´д`)

MySQL が嫌になってきた

MTOS 4.2 をいじってるんですが、euc-jp で MySQL 上にデータを作ってるので、
utf-8 に切り替えようといろいろやってるがうまくいかない。

mysqldump してデータを utf-8 にエンコードして戻そうとするがうまくいかない。
別に euc-jp で動いているから良いんだけど、Blog 自体が utf-8 で作られているから、
データを utf-8 で保存したいんだけどね。
いちから作ったりいろいろしてるがなんか納得いかない。

MySQL 5.0.51 を使っているんですが、もう少しまともに動かないかなぁ。

MTOS4.2RC1はまだダメぽい。

いろいろいじっているけど、なんかしらでエラーでたりして使いづらい気がしてしょうがない。
apacheを再起動するとそのあと文字化けになって、MySQLを再起動すると治るんだが、
やっぱりMySQL上のデータをUTF8に変更とかしないとうまくないのかもしれないですね。

MT 4.2 RC1を入れてみた。

Movable Type 4.2 を発表しました
とのことだったので MT 4.2 RC1 を入れてみました。
確かに、MT 4.1より快適になったとは思うのですが、MySQLとの接続時に文字化けが
たまに発生してたのですが、MySQL5.0.27 をつかっているのですが、MySQL サーバー内では
utf8 クライアント側では ujis なので表示がおかしくなることがありました。
MT 4.1 のときより頻繁になったような気がします。

MT3.xからバージョンアップしていくつか問題が出てたみたいです。
タグの変更だったりがあったぐらいなのかな。
アーカイブのプルダウンでその月に飛ばなかった。
まえになんのjavaだろうとかいって消したのが原因だった。わかりにくい構文の
書き方してるとだめぽいので、上下に説明を入れることにした。

VineLinux4.2でMovableTypeを動かすまでのメモです。

いろいろと検証してたけど、問題がいくつかありました。

MySQL4.0から5.0へ移行準備

OSの入れ替えと鯖本体をCore2Duo Memory8GBの鯖に変更しようと準備してます。

問題になったのが、MySQLでいろいろやっていてできたのでメモ。

VineLinux 4.2に鯖を移行しようと検証してるのですが、どうもVineのImageMagickでは、
CPAN の Image::Magick がエラーでてまともにインストールできません。

以下にインストール手順。

CPAN URL変更のメモ

CPANのデフォルトのままですとつながらない場合が多いのですが
変更のメモ。

http://cpan.org/SITES.htmlにURLリストがありますので、ここで探して見つけると良いみたいです。

よくある話だが、LAN カードが2枚刺さっていて、1枚目はルータに、2枚目はプライベートNW用などと
している場合、 dhcpd は2枚目側で動かしたい場合がある。
その場合のtipsでつ( ・ω・)∩

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10