VineLinuxの最近のブログ記事

Ubuntu/Vineの管理

Ubuntu をNetraX1 につっこんでいるのだが、パッケージ管理が apt-get と dpkg の両方を使う
感じなので、debian を少し勉強中。

VineLinux は、RedHat に Debian の apt のパッケージ管理を移植した経緯があるので、
僕はUbuntu を使う上では違和感はないですね。

アンインストールで、依存関係を含む場合、apt-get autoremove があって便利だと思った。
Vineは依存関係でアンインストールできないパッケージが必ずでてくるのはわかっているんだが。

Vineの場合はdistupgradeをするのをやめています。依存関係でインストールされないパッケージが
あったり、うまくいかないあ場合が多いため。マイナーバージョンアップだけなら dist-upgrade で問題
なさそう。リージョンが上がる場合は素でインストールが賢明です。

必要な設定ファイル、独自アプリをバックアップして、移植する感じでやってます。
怪しいのはソースからコンパイルしたほうが、必要なオプションの指定ができ、無駄なオプションは
はずすことができるのでソースで入れるほうがいい場合があります。
パッケージでインストールしたほうが楽なものはapt-get install でそのままいれてます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

最近のブログ記事