VMWareの最近のブログ記事

VMWare Player 3.0

VMware Player for 32-bit and 64-bit Windows
Version 3.0.1 | 227600 - 02/18/10 を入れてみました。

Qemuとかでイメージを作らなくても普通にインストールできた。
複数のOSを立ち上げるのは無理ぽい。→VMWare Server とかVMWare Workstation を
いれろということですね。

Linux マシンに VMWare Server をインストールして使っているのだが、
どうもパフォーマンスが悪い。いくつか調べてみることにした。

VMWareを使っているが、linuxのkernelアップデートをしないといけない場合があります。
その時に失敗しないためのメモ。

VMWare Serverの検証

VMWare Serverの検証

VMWare Server Consoleというのをクライアント(管理端末)などにインストール。
ホストサーバにはVMWare Serverを入れる。
VMWare Serverさえインストールできていれば、クライアント側から電源のオン・オフができ、
メンテナンスなどもしやすい。ホストサーバさえちゃんと動いていればかなり使えそうです。
ホストサーバは、ゲストOSの分の物理メモリが必要なため、1GB以上なくては使い物に
ならないようです。余裕があれば2GB以上にしておいた方が良さそう。

VMWare Serverで何ができるか( ・ω・)∩

VMWare Serverを使って面白いことできないかな?とか思う今日この頃。Linux上にVMWareServerを入れそこにwindowsを入れて要塞化する。windowsはイメージで入ってるわけだからバックアップをしておけばよさげ。windows上とLinux上でどちらが安定性、スピードなど調べてみたい。

2月9日にインストールしてから1週間経過したが特に問題は無いんだが、メモリがやはり足りない
かなと思う。やっぱ3~4GBぐらいないと快適ではないだろう。ていうか、Windows Server 2003が
激しく重いだけなんだろ。Virtual Server 2005 R2が Windows Server 2003 R2につくんだろうが、
そっちの方が快適だったらもう┐(´д`)┌だね。

テスト環境が簡単に作れるのがメリットだったけど、これからはどれだけ快適に動かせるかとか
なんだろうね。

数日前から使っていてもっさり感が、どうも「VGAグラフィック アダプタのプロパティ」の
ハードウェアアクセラレータなしになっていたのが原因だったらしい。最大にしたらそこそこなスピードになった( ・ω・)∩
でももっさりしてる気がするんだよな┐(´д`)┌

Windows Server2003 などはもっさりで、リモートデスクトップ経由でと書いたけど、
Linuxはストレス無く動かせた。あと、VMWare Workstationよりメモリの割り当てを
しても実際に使われるメモリは少ないようだ( ・ω・)∩

VMWare Server はVMWare GSX Server のリプレース版だそうです。それを無料で使えるように
なりました。ユーザ登録だけすれば良いのですが、今はアメリカとカナダじゃないと登録できないらしい。
まあ住所を以下自粛すれば良い訳で。
http://www.vmware.com/jp/products/server/gsx_features.html

早速インストールしました。VMWare Server Console経由で立ち上げるのですがここで
ログインするとかなりもっさりしてますマウスもとろい。VMWare Tools入れても変わらず。
まあ、この画面はインストールの時ぐらい。

Windows Server 2003やWindowsXPならリモートデスクトップ経由でログインすれば、
スピードに関しては十分な感じでした。

メモリをがんがん積めればなかなか良さそう。WindowsXP 32bitは3GBが限界だけど┐(´д`)┌
マザボとWindowwsXP 64bit版を突っ込めば解決するんだろうけど。でも64bit版は地雷が多い

VMWareで検証してるとこんなのに出会った。1度インストールを行い、そのイメージを元に複数台作る場合に、SIDが重複してしまうため、動作に支障をきたす場合がある。

Sysprep ユーティリティを使うことにより解決するそうです。
CD:\support\tools\deploy.cab(WindowsServer2003のCD-ROM)

sysprep.exeを実行すると、シリアル認証画面が出てきて再生成することができる。
WindowsServer2003は半年ぐらい検証で使えるが、半年過ぎると完全にログイン不可になって
痛い目見るから、検証時の結果などは別途バックアップをたまに取ったほうが良い。
(この前経験済み┐(´д`)┌)

KB Sysprep ツールを使用して Windows XP の展開を自動化する方法←これと同じやり方でWindowsServerもできます。

ぐぐったらでてきたので参考にしました。
http://naka.wankuma.com/site/column/windowsxp/00006.htm

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10